curious4dev

中国旅行、Arduinoなどを使った電子工作、その他色々。

*

aitendoで買った375円のバックライト付きI2C LCDで文字を表示してみた。

 

お疲れ様です。高橋です。

ちょっと前にaitendoで買ったバックライト付きのLCDとArduinoを使い、文字を表示させる事が出来ました。

IMG_5089

バックライトのLEDは青タイプの物を買いましたが、とても眩しい。。

しかし、これで、味気ない音楽演奏中、音楽に合わせた文字表示が出来るってもんです。

半田付け

aitendoで売っているI2C LCDモジュールは、別途、3pinが2つと9pinが1個会ったほうが良いです。私はL字タイプの9pin1つと、まっすぐな3pinを2つ作り、それをLCDの裏から半田付けしました。

IMG_5086

作り・・・と書いたのは、40個ぐらい連結されていて、簡単に指で自分の好みのサイズにパキパキ折れるヤツを持ってるからです。

右手で半田ごて、左手で半田を持ち、今までは部品類をテーブルの上に置いたまま半田付けしていたのですが、廣瀬無線で買った半田ごて台がとても便利です。今回は別に無くてもそれほど難易度高くないですが、線と線をくっつける時の威力は絶大だと思います。

配線

Arduino と LCDの間の配線は、簡単過ぎるので文字だけでの説明となります。

  1. Arduinoの3.3VをLCDのVDDとRESTとBL+に。(間にブレッドボードを挟むと超楽です。)
  2. ArduinoのA4をDATAに。
  3. ArduinoのA5をCLKに。

9pinの内、実際に使うのはCLKとDATAとVDDとGNDとBL+の4つです。

3pinはSHLとVDDをショートさせ、DIRCとVDDをショートさせるだけです。カラージャンパーというものを買いました。

スケッチ

最初の行に”hoge”と表示させ、改行し、0x40 (@マーク)から1つずつ順番にASCIIキャラクタを1秒毎に表示させています。1行16文字しか表示出来ないので、16文字で終わってしまいますが。

#include <Wire.h>

int sdaPin = 18; // analog pin 4
int sclPin = 19; // analog pin 5
int i2cadr = 0x3e;
byte contrast = 7;

void lcd_cmd(byte x)
{
 Wire.beginTransmission(i2cadr);
 Wire.write(0x00);
 Wire.write(x);
 Wire.endTransmission();
}

void lcd_data(byte x)
{
 Wire.beginTransmission(i2cadr);
 Wire.write(0x40);
 Wire.write(x);
 Wire.endTransmission();
}

void lcd_puts(const char *s)
{
 while(*s) lcd_data(*s++);
}

void lcd_init()
{
 Wire.begin();
 lcd_cmd(0x38); // function set
 lcd_cmd(0x39); // function set
 lcd_cmd(0x14); // interval osc
 lcd_cmd(0x70 | (contrast & 15)); // contrast low
 lcd_cmd(0x5c | (contrast >> 4 & 3)); // contrast high / icon / power
 lcd_cmd(0x6c); // follower control
 delay(300);
 lcd_cmd(0x38); // function set
 lcd_cmd(0x0c); // display on
 lcd_cmd(0x01); // clear display
 delay(2);
}

void lcd_move(byte pos){
 lcd_cmd(0x80 | pos);
}

void setup()
{
 lcd_init();
}

void loop()
{
 lcd_puts("hoge");
 lcd_move(0x40);
 for(int i = 0; i < 100; i++) {
 lcd_data(0x40 + i);
 delay(1000);
 }
}

 

完成系

IMG_5088

本当に眩しい。。

 

参考サイト: ArduinoでI2C液晶

 

おまけ

今日、会社の電子工作好きから、「びんぼうでいいの」をもらってしまいました!Arduino UNOは秋月で正規品を買うと2,940円もします。

IMG_5085

Arduinoの互換機なのですが、各種ソケット類やジャック、AVRマイコン、マイコン用水晶が無い物です。自分でマイコンと水晶とソケット、ジャックを買って半田付けすれば、立派なArduino互換機の誕生です。

aitendoではマイコン以外の部品セットが250円で売っているので、ここにAVRマイコン(ATMega328P-PU 250円)と水晶(16MHz 30円)の280円、合計530円分の部品を買えば良いのです。

また秋葉原行く目的が生まれてしまいました。

 

 

以上、よろしくお願い致します。

 - 電子工作

  関連記事

音階LED実装 #4

お疲れ様です。高橋です。 今日は音階LEDのIC-IC間、GNDの敷設、そして1 …

上司離着席検知システムと空巣検知

お疲れ様です。高橋です。 前回のおさらいと課題 前回の「上司離着席検知システムの …

FM音源YM2203をArduinoで鳴らしたい #1

お疲れ様です。高橋です。 きっかけ 4月から現在に掛けてのコロナな最近、会社のと …

Pro Mini互換機でFF2戦闘音楽を使ったYMZ動作試験

お疲れ様です。高橋です。 電子オルゴールの最終形をイメージしてブレッドボード上で …

YMZシールドの作成 #1

お疲れ様です。高橋です。 実体配線図を書き起こしておいたYMZシールドの半田付け …

「びんぼうでいいの」を組み立ててみた。

お疲れ様です。高橋です。 懸案だったヘッドフォンの修理が片付き、やりたい事をやり …

webからUSBカメラ+Raspberry Pi

お疲れ様です。高橋です。 The Internetから、RaspberryPiの …

bluetoothモジュールHC-06とAndroid

お疲れ様です。高橋です。 先日AliExpressで購入したbluetoothモ …

aitendoで買った4桁7セグLEDを使う

お疲れ様です。高橋です。 aitendoの4桁7セグLED aitendoで1個 …

音階LED完成、YMZのノイズの原因判明

お疲れ様です。高橋です。 音階LEDの実装が完了しました。 青色LEDが眩しすぎ …