curious4dev

色々ダメなandroidアプリを開発したい会社員 高橋が綴る、androidアプリ開発やArduinoについて

*

マウスを入力I/Fとして使うのを断念してみた。

 

お疲れ様です。高橋です。

先日の「マウスを分解してみた」でマウスを分解し、ケーブルの先を整えてArduinoに挿して使ってみたいなと思っていましたが、色々ググっていく内に難しい事がわかってきました。

PAW3502について

下記がマウスの実体 PAW3502 のデータシートに載っている「オススメ回路図」です。

usb01

PAW3502を中心に、こんな感じで回路を組めばいいよ、という物です。下の写真が実物ですが、1本1本線を追っていった所、ほぼ100%上記オススメ回路図に従った作りになっていました。

mouse08

これを見ると、USB側の1番が5V、2番がD-、3番がD+、4番と5番にGNDを挿せば良く、2番と3番だけArduinoのデジタルピンに挿せば良くて、これをゴニョゴニョ操作すればいいんだな、と考えました。

USBインターフェイスの壁

色々ググって見つけた「Arduinoで光学式マウスのCMOSセンサーを乗っ取って移動距離を計測する」というサイトでは、PAN3101という8pinのセンサーを使っており、USBインターフェイスとは別物だったため、USBを介さず直接PAN3103に電源とGNDを挿し、その他に2本のデータ用の線(SCLKとSDIO)を使って操作をしておりました。

しかし、今回私がゲットしたマウスの中のセンサーPAW3502は、USBインターフェイスとしての機能が完全にOnChipになっており、センサーとしてだけの信号を取り出すのが難しいのです。

PAW3502の14本のpinの役割が下記ですが、outしてくれるのはLEDの制御とUSB信号の+/-だけです。

usb02

USBは「親」と「子」がおり、親が子に対して「あなたを使います」という処理を行ってから初めて使えるようになります。「親」の事をUSBホストと言います。

私の持っているArduino UNOにはUSBホスト機能が無く、別途、外付けのUSBホストシールドという物を3,500円も出して買わないといけないのです。USBコントローラーのチップ単体でも800円もする代物でした。

という訳で、マウスのインターフェイス化計画は断念する事となりました。

 

以上、よろしくお願い致します。

 - 電子工作

  関連記事

ArduinoIDE1.6.4+ATTiny13Aで赤外線リモコン(難航)

お疲れ様です。高橋です。 先日から引き続いて、ATTiny13Aで赤外線リモコン …

【完成】ArduinoIDE1.6.4+ATTiny13Aで赤外線リモコン

お疲れ様です。高橋です。 苦戦していたArduinoIDE1.6.4を使ったAT …

赤外線リモコンをケースに格納

お疲れ様です。高橋です。 先日作ったATtiny13Aの赤外線リモコンを、ケース …

満員電車内でのオナラと検知 #5

お疲れ様です。高橋です。 マイコンと5V給電 先日実験に成功した硫化水素センサー …

満員電車内でのオナラと検知 #3

お疲れ様です。高橋です。 先日秋月で購入した音声合成LSIのATP3011。やっ …

マウスを分解してみた。

お疲れ様です。高橋です。 壊れたマウスを貰った 先日、壊れたマウスを貰いました。 …

電子オルゴール設計

お疲れ様です。高橋です。 電子オルゴールがどんな形状になるのか、実体配線図を作っ …

MIDI INの実験

お疲れ様です。高橋です。 Arduino+YMZをMIDI化するための第一歩の実 …

YMZシールドの作成 #1

お疲れ様です。高橋です。 実体配線図を書き起こしておいたYMZシールドの半田付け …

耳コピを簡単にするミキサー構想

お疲れ様です。高橋です。 私が普段耳コピをする時は、iPhoneで音楽を鳴らしな …