curious4dev

中国旅行、Arduinoなどを使った電子工作、その他色々。

*

マウスを分解してみた。

 

お疲れ様です。高橋です。

壊れたマウスを貰った

先日、壊れたマウスを貰いました。

mouse01

ケーブルの根本の所が断線していて、マウスを認識したりしなかったりしていたそうです。

mouse03

壊れている&貰い物なので、心置きなく分解してみることにしました。

マウスを開けてみる

ドライバーで蓋を開けると、中身はこんな感じ。LEDから光が発せられ、その光を受ける地面の模様の変化を、真ん中の光センサでキャッチし、XY方向の移動を検知する仕組みです。

mouse04

基板からケーブルとケースを外してみました。EC1という部品がホイールの動きを検知するセンサで、3つのスイッチが左クリック、右クリック、ホイールのクリックです。

mouse07

下の部分にある発振子は、おそらく光センサの走査回数を制御しているのでは無いかと思われます。

裏側は取り立てて面白い事はありません。

mouse08

ケーブル

ケーブルが断線しているという事なので、中に通っている5本の線を露出させ、綺麗にまとめることにしました。

被覆を剥がし、銅っぽいワイヤを1cm程度露出させます。先っちょにジャンパーワイヤを半田付けしようと思いますが、今回は熱圧縮チューブを使ってみようと思います。

mouse09

固定台を使い、2本の線を固定させた状態で半田付けです。動かないので、とても楽に半田付けできました。

mouse10

そして、1本1本、熱圧縮チューブで金属が露出している部分をくるみ、ライターで熱します。

mouse11

同じことを5回やって、金属が綺麗に隠れました。

mouse12

そして最後に、直径が少し大きめな熱圧縮チューブを使って、ケーブルを束ねます。

mouse13

これでArduinoに挿す準備は出来ました。

素性を調べる

このマウスの心臓部分である光センサ。PAW3502DLY-M1という文字が見えます。

IMG_5108

データシートはあるかなーとググってみると、ありました。

PAW3502 データシート

これによると、4.25~5.5Vで動作し、24MHz、マウスが動いているときは10mA消費、止まっている時は5mA消費しているようです。光センサとしてだけの役目ではなく、マウスのボタンやらもコントロール出来るようです。

ds

寝ていた発振子を強引に起こしてみたら、きちんと24MHzでした。

IMG_5109

このマウスのボタンだけでも入力インターフェイスとして使えないか、次回はArduinoでの何かしらの作例が無いか調べてみます。

 

以上、よろしくお願い致します。

 - 電子工作

  関連記事

クオーツ時計を100倍速&リバースモード付きに改造してみた。

お疲れ様です。高橋です。 今日、奥さんから壊れた時計を貰いました。電池を入れ替え …

音階LED表示器の実体配線図を書いてみた。

お疲れ様です。高橋です。 前に「音階に合わせてLEDを光らせてみた。」で実験した …

上司の離着席状態をクラウドに飛ばし、スマホで見れるようにした。

お疲れ様です。高橋です。 前回ブレッドボード上に構築した上司離着席検知システムで …

秋月製ESP-WROOM-02が動いた

お疲れ様です。高橋です。 秋月で買ったESP-WROOM-02が動きました。AT …

耳コピを簡単にするミキサー構想

お疲れ様です。高橋です。 私が普段耳コピをする時は、iPhoneで音楽を鳴らしな …

YMZシールドの基板設計

お疲れ様です。 前に基板化したYMZ294をさらにシールド化したい事をPOSTし …

音階LED完成、YMZのノイズの原因判明

お疲れ様です。高橋です。 音階LEDの実装が完了しました。 青色LEDが眩しすぎ …

猫×おもちゃ×動画×アプリ

お疲れ様です。高橋です。 金魚水槽 先日フラフラとネットサーフィンしていて目に入 …

webからUSBカメラ+Raspberry Pi

お疲れ様です。高橋です。 The Internetから、RaspberryPiの …

Raspberry Pi2 model B

お疲れ様です。高橋です。 今年見た初夢、「猫×おもちゃ×動画×アプリ」の実現のた …