curious4dev

色々ダメなandroidアプリを開発したい会社員 高橋が綴る、androidアプリ開発やArduinoについて

*

01/24(Wed) 周瑜廟&渡し船欠航&映画館泊

 

お疲れ様です。高橋です。

01/23(Tue)へ

旅行4日目の出来事

  1. 中国旅行初の朝食付きホテル
  2. 工事中の周瑜廟に忍び込む
  3. メガソーラー
  4. 芜湖(wuhu)のニーハオトイレ
  5. 長江の渡し船、欠航
  6. 南京の映画館で一夜を過ごす

中国旅行初の朝食付きホテル

今回で中国への旅行は4回目。4回目にして初の朝食付きホテルに泊まります。

中国の朝ごはんの超定番である粥(zhou/おかゆ)や、いくつかの副菜が取り放題なビュッフェ形式でした。

味は、不味くもなく、かと言って、美味しくもなく。普通のお味でした。ただ、火车の食堂車よりは美味しかった。

工事中の周瑜廟に忍び込む

ホテルで軽い朝食を済ませ、チェックアウトし、目的地である周瑜の廟に向かいます。

ホテルから廟までは徒歩で20分くらいの距離。その途中、とても良い雰囲気の道をテクテクと歩きます。

小さい川沿いに朝市が開かれていました。

川沿いにある市場・・・って事は、きっと想像を絶する大昔からこの場所で市場が開かれていたのだと思います。

市場を通り過ぎてさらに廟に向かって進むと、石造りの井戸を発見。

とても使い込んであって、これもなかなか歴史がありそう。

散歩しながら、あっという間に廟に到着。廟の前を走る道路は「周瑜大道」と命名されています。

入り口正面に立ってパチリ。

あれ、なんか、おかしい。とても人を迎える雰囲気を感じない。

進んで見てみると、なんと工事中でした。

しかし、中国ではこういう観光スポットが改装工事中である事は日常茶飯事。落ち着いて入れないか周りを確認します。

入り口発見!

作業する人以外は立入禁止、的な事が書かれてあります。

「日本からこの廟を見るためだけにやってきました。ここまで来て見れないのはとても残念なので、少しだけ中を見せてもらえますか?」と中国語で筆談用のメモを書き、中に堂々と入ります。

朝から工事真っ最中。

石のオブジェに塗装してるおじさんや、造形物を設置しているおじさん等、働くおじさんが多数いました。周瑜に関する歴史が記された石碑なども。

廟の最奥にある建物に、造り途中の周瑜像がありました。

塗装真っ最中だったのですが、働くおじさん達に筆談メモを見せ、了承を得て、写真を撮らせてもらい、かつ、廟の中を自由に歩き回れる権利を獲得。

この周瑜、どことなく横山光輝版に似てます。横山光輝版はヒゲがあるけど。

メガソーラー

周瑜を心ゆくまで堪能した後は、次の目的地である孙尚香(sunshangxiang/劉備の嫁)の廟を目指し、庐江を出て芜湖へ。

まずは市バスで汽车站(長距離バスステーション)に向かいます。

時刻表で芜湖までの長距離バスの出発時間をチェック。

庐江と芜湖の間のバスは頻繁に出ているので、それほど待つことはありませんでした。

バスは定時に出発。しばらく車に揺られてると、道路の脇に巨大な湖があり、その湖面全てにソーラーパネルが設置されていました。

GoogleMapで発見出来ました。東京ミッドタウンの敷地は公園を除くと200m×200mくらいの広さがありますが、このソーラーパネルは1,200m×200mと、ミッドタウンの敷地が6つ並んだ大きさ。湖の中で育つはずだったプランクトンや水棲生物の食物連鎖や生態系にどのような影響が出るかはわかりませんが、地面を使わず湖に柱を無数に立てる事によって、食糧生産や住居に土地を充てる事を選んだのでしょう。


バスに揺られ、ようやく長江を渡河。

無事、芜湖に到着しました。

 

芜湖(wuhu)のニーハオトイレ

バスステーションを出るとofoが。

助かりますが、これから行く所は長江の渡し船が出ている船着き場。自転車で行くには辛い距離。

素直に市バス。

市バスで船着き場付近の停留所で降り、兰州拉面を食べます。

昔はパクチーが苦手だったのですが、今やそんな事は無く。パクパク食べることが出来ます。


お腹が膨れた後も、船着き場へ向かってテクテク歩きます。

途中、地元の人向けの市場を通過します。

こういう、昔ながらのストリートがある所には、前回の荆州でも経験しましたが、公共トイレがあります。

これがニーハオトイレと言われているトイレです。トイレに入るとウンチしてる人と顔があって「你好!」と挨拶する・・・事が命名由来みたいです。深圳のような大都会ではもう見かけない、昔ながらの中国がここには残っています。

さて、長江の船着き場に到着です。

 

長江の渡し船、欠航

船着き場なのに閑散としてて、どこから入るのかわからず。とりあえず入り口っぽい所から中に入ります。看板に「悪劣天気 **禁航」と、嫌な漢字を見かけましたが、中に入ります。

嫌な予感は当り、雪が降ってるため航行禁止となってました。

孙尚香の廟は河を渡った向こうにあるので、なんとかして向こう岸に渡りたい・・と考えていると、「おーい、おーい、そこのお兄ちゃん、車で連れてくよー」と遠くからオッサンの声が聞こえてきます。

オッサンの話を聞くと、何人か集まったら車で向こう岸に渡るとのこと。料金は10元程度と、それほど高くない。車には同じように渡河しようとしてる、芜湖市内で買い物を終えた若い女子が2名。これはラッキーと思って車に乗り込みます。

「私は向こう岸に渡り、孙尚香の廟を訪れ、また河を戻って来て、南京まで行く」と女子に目的を伝えると、「向こう岸に渡ったら、きっと戻ってくる車は捕まらない。向こう岸にはホテルも無いし、今から雪はどんどん降ってくる。旅程を変えたほうがいいよ。」と親切に教えてくれました。確かに戻りの事を全く考えてなかったので、女子のアドバイスに従い、孙尚香の廟は諦めることにしました。会話は英語です。

女子の言う通り雪はどんどん強くなってきます。しかも寒い。

たまらずバスにのり、南京南站へ向かうため芜湖火车站へ。

すぐに到着。

人民の切符購入行列に並びます。

問題なく最も早い出発の切符を購入。外は雪がどんどん強くなってる。あのタイミングで渡河を諦めて正解でした。もし渡っていたら、今頃降雪の中、無人の田畑の中を廟に向かって「何やってんだろう・・・」と思いながら歩いていた事でしょう。

出発待ちロビーで待ってると、次々と汽車欠航の掲示が。自分が買った切符が欠航となった場合、払い戻しやらなんやらが面倒だな、と思いつつドキドキしながら見守っていましたが、特に欠航はありませんでした。運行停止になったのは北に向かう汽車だけ。

すごく残念そうな声を上げていたこの親子。もしかしたら運行停止になった切符を持っていたのかもしれません。

南京南までは、贅沢して高铁で移動します。

超快適。しかも早い。

ホテルの確保を行うため、なるべく速く南京に到着したかったのです。

 

南京の映画館で一夜を過ごす

 

南京南に到着し、ホテルが沢山ありそうな地下鉄駅を美团で検索します。

目的となる地下鉄駅を新街口駅に決定し、地下鉄に乗り込みます。

南京の地下鉄も、深圳、广州、合肥と同じような車両・同じようなシステムでした。

新街口駅から地上に出ると、やっと南京の街を目の当たりに出来ました。

巨大で綺羅びやかなビルが林立しており、紛うこと無く大都会。

しかし、大都会で外国人が泊まれる安ホテルを探すのは、大変苦労します。300元も出せばいくらでも泊まれるホテルはあるのですが、私の中国旅行のホテル代は一泊100元程度、と制限しています。10店舗くらい回ったのですが、なんと尽く外国人お断り。深圳でも似たような状況なのですが、それでも4店舗も回れば1店舗くらいは外国人OKなホテルがあります。

探すのが面倒になってきたので、映画館で夜を明かす事にしました。たまたま、魂斗羅という日本発のゲームの中国版と、ジュマンジのコラボキャンペーンが行われていましたので、これを観ることに。

中国の映画館のシステムは日本と同じ。映画館内にはチケットベンダーがありますが、チケットの決済は事前にアプリで行います。

美团という、ホテルからレストランから映画館まで何でも安く利用出来るクーポンアプリがあり、それ経由で決済します。

アプリの中で上映タイトル、時間、座席を決めます。

ついでにポップコーンとコーラのセットも買っちゃいます。

映画館のスクリーンが開くまで中に入れないのも日本と一緒。日本との差異を見つける方が苦労するレベルでシステムは同じでした。スクリーンが開くまでベンチで待っていると、隣に座っているカップルが王者荣耀という世界で一番売上を上げているスマホゲームを遊び始めました。私も遊んでいたので「一緒にやりませんか」と誘った所、「NO」と断られてしまいました。。残念。

 

上映間近となり、席に移動。

日本と同じ。

映画は24時くらいまでなので、今はとりあえず、先のことは何も考えずポップコーン食べながら映画を楽しみます。

 

0750 起床
0800 朝ご飯
0900 チェックアウト
0920 周瑜廟
0935 周瑜墓園発
1010 庐江汽车站着
1100 庐江汽车站発
1330 芜湖汽车站着
1340 バス発
1400 バス着
1410 ご飯
1430 渡し船場着
1450 渡し船場発
1500 バス発
1530 バス着
1540 芜湖火车站着
1622 切符購入完了
1657 芜湖火车站(高铁)発
1745 南京南站着
1805 南京南地铁站発
1840 新街口地铁站着
2130 万达国际影城着

 

 

以上、よろしくお願い致します。

 - 2018年1月_深セン合肥

  関連記事

01/25(Thu) 石頭城雪中行軍&雪合戦

お疲れ様です。高橋です。 01/24(Wed)へ 旅行5日目の出来事 ネカフェで …

01/20(Sat) ofo&豆角肉沫飯

お疲れ様です。高橋です。 旅行1日目の出来事 羽田前泊 オクトパスカードにチャー …

01/21(Sun) 巨大書城&麻雀&蛙

お疲れ様です。高橋です。 01/20(Sat)へ 旅行2日目の出来事 銀行カード …

01/22(Mon) 切符受領&华强北&合肥へ

お疲れ様です。高橋です。 01/21(Sun)へ 旅行3日目の出来事 12306 …

01/27(Sat) 硬座&上海滞在3時間

お疲れ様です。高橋です。 01/26(Fri)へ 旅行7日目の出来事 チェックア …

01/26(Fri) 甘露寺

お疲れ様です。高橋です。 01/25(Thu)へ 旅行6日目の出来事 朝の镇江 …

2018年1月 中国旅行

お疲れ様です。高橋です。 2018年1月20日~29日まで中国旅行してきました。 …

01/23(Tue) 張遼史跡

お疲れ様です。高橋です。 01/22(Mon)へ 旅行4日目の出来事 車窓の外の …