curious4dev

色々ダメなandroidアプリを開発したい会社員 高橋が綴る、androidアプリ開発やArduinoについて

*

マウスを分解してみた(リベンジ)

 

お疲れ様です。高橋です。

壊れたマウスを貰った

本日、壊れたマウスを貰いました。

IMG_5134

左クリックが10回に1回しか機能しなくなったため、とても残念ですが泣く泣く廃棄する事になりました。廃棄するくらいなら分解してみようという事で貰ってきた次第です。決して分解したいがためだけに「壊れた」と言っているのではありません

マウスを開けてみる

蓋を開けるのも2回目ですので、とてもスムーズに開ける事が出来ます。なんていうか、普通の部品が沢山あります。半田付けもかなり雑です。ジャンパー線が斜めになってたりします。

IMG_5136

前回のマウスはその中身がUSBインターフェイスとCMOSセンサーが1チップに混在しているPAW3502という無駄に高機能なICだったのですが、見たところ、CMOSセンサーとUSBインターフェイスが分かれているように思われます。LEDのレンズ部分を慎重にはずして、CMOSセンサーの素性を確認します。

IMG_5137

それにしてもこの部品の半田付けの雑さはすごいです。このUSBインターフェイスICと思しきものは、1mm程左側と右側で高さが違うくらいです。

IMG_5138

CMOSセンサーの素性

LEDレンズを外して、というよりLEDがしっかりハマっている無駄に頑丈な作りだったので、強引にLEDを持ち上げると、8pinのご本尊が出てきました。

IMG_5139

よーく見てみるとA2610 C0321と書いてあります。

IMG_5140

ググってみた所、ADNS-2610というシンプルで扱い易いCMOSセンサーでした。データシートも何もかも完備されています。(データシート)

Arduino用のライブラリまで先人が作ってくれています。(ライブラリ)

データシートを見てみると、面倒なUSB D+やD-は当然無く、SDIOとSCKがあります。これはシリアル通信用に必要なデータのインターフェイスです。ここを直接使えばデータが取得出来ます。

cmos01

ついでにリファレンス回路の確認です。

cmos02

ADNS2610に繋がる部分だけ追いましたが、全てこの図通りでした。

前回のマウスと比較

左が前回のマウスです。USBとCMOSが1チップに統合されているため、基板がシンプルで美しいです。裏側は見えませんが、チップ抵抗やチップコンデンサが沢山付いてます。

IMG_5141

一方、右が今回のマウスですが、裏側にも表面実装チップが1つもなく、すべて手付けされているように見えます。どちらかと言うと右側のほうに親しみを感じます

 

次回は、こちらのサイトを参考にしつつ、回路の改造とプログラムの実装に進みます。

 

以上、よろしくお願い致します。

 - 電子工作

  関連記事

USBカメラ+Raspberry Pi

お疲れ様です。高橋です。 USBカメラをRaspberryPiに装着し、ストリー …

赤外線リモコンをケースに格納

お疲れ様です。高橋です。 先日作ったATtiny13Aの赤外線リモコンを、ケース …

YMZシールドのMIDI化を検討

お疲れ様です。高橋です。 Arduino UNOにYMZシールドをくっつけ、さら …

LEDドライバなる物の存在

お疲れ様です。高橋です。 本日、同僚とLED周りについて雑談していると、「LED …

【完成】 電子オルゴール

お疲れ様です。高橋です。 電子オルゴールの制作が佳境に入り、とうとうカルトナージ …

iPhoneでルンバを操作してみたい

お疲れ様です。高橋です。 突然ですがiPhoneでルンバを操作したいと思います。 …

EEPROM書き込みシールドの作成

お疲れ様です。高橋です。 先日成功したPCからのEEPROM書き込みですが、ジャ …

webからUSBカメラ+Raspberry Pi

お疲れ様です。高橋です。 The Internetから、RaspberryPiの …

YMZシールドの作成 #1

お疲れ様です。高橋です。 実体配線図を書き起こしておいたYMZシールドの半田付け …

耳コピミキサー 半田付け #1

お疲れ様です。高橋です。 耳コピ用ミキサーの半田付けを行いました。 ブレッドボー …