curious4dev

中国旅行、Arduinoなどを使った電子工作、その他色々。

*

04/11(木) 昆明~大理/孔明が孟獲を捕まえた場所

 

お疲れ様です。高橋です。

昆明到着

朝7時。昨日の15:20に玉林を出発した列車に乗って16時間目。腰も痛くなってきます。

外はやっと明るくなってきた。雲南地方は中国時間といえども経度的には結構西に位置するので日の出が遅いのです。


昆明・大理は、深圳广州三亚玉林と比べると10~15度くらいの気温差があります。

念の為、薄いフリース持参しといてよかった。


そろそろ昆明に到着する、という頃になると、硬卧にはあまり乗客は乗っていません。

たいてい途中の駅で下車していくからです。どこででも自由にダラダラできるこの時間、ほんと好き。


そのダラダラ時間に近くに座ったおばちゃんと筆談してると、おばちゃんはこのお祭りのため、昆明から飛行機で西双版纳(xishuangbanna/シーサンパンナ)で行われる泼水节(poshuijie/水掛け祭り?)に行くんだそうな。

大勢の若い女性が互いに水を掛け合う・・・みんなびしょ濡れ・・・最高の祭りですな!!!旅程変更して行きたくなってきたのですが、西双版纳までは鉄道が引かれていない。ってことは飛行機(高い)かバス(遅い)でしか行けない。いつか改めて検討したいところです。


都会が近くなってきて、立ってる建物も高層系が多くなってきた。


到着。


とりあえず駅の外に出て正面撮影。

この牛、何か曰くがあるのでしょうか。

「牛で待ち合わせアルよ!!」とか、現地の若い女性が待ち合わせ場所に使ったりしてるんでしょうか。


ところでこの駅、今まで訪れた駅の中でダントツに物々しい雰囲気。

いたる所に武装警察や・・・

「反恐」の文字が並びます。

調べてみると、まさにこの場所で2014年に集団によるテロがあったようです。8人の犯行で34人死亡、143名負傷。


昆明でゆっくりしてる時間は無く、すぐさま大理へ向かいます。


昆明大理間の高铁は2018年7月に運営開始されたようで、できたてホヤホヤでした。


雲南は多くの少数民族が暮らしている地。

車内では少数民族リスペクトなコスプレした乗務員が物販をしていました。


気のせいなのか、、空がとても明るく青く見えます。

海抜1,800m程度あるのが原因か。空気がキレイなのか。

大理到着

1216に昆明を出て、1416に大理到着。2時間。


昆明も大理も、気温が涼しく湿度が全く無く、大変暮らしやすい良い場所です。


駅前にあった適当な小さな店で炒饭(chaofan/チャーハン)を食べる。

孟獲が捕らえられた場所

大理に来た最大の目的である、孟獲が孔明に捕まった場所(三国志遺址探訪)に行きます。

大理からバス乗って西に移動。


途中、川があり、数人が魚釣りを楽しんでいました。

いや、もしかしたら楽しんでいたのではなく、生活が掛かっていたのかもしれません。


目的地である天空桥 江风寺(tiankongqiao jiangfengsi)到了!

この寺に入る坂道の入り口で、おばあちゃんが防火管理のための費用として1元に満たない少額を要求してきました。たしか5角くらいだったような気がします。過去の旅行で発生した小銭をお財布の中に入れておいたので、それを渡します。

防火についての掲示がいたる所にあり、不思議に思っていたのですが、2013年12月28日、この山林で山火事が発生したようで、以降気をつけているのでしょう。


この寺の境内には、飲用可能な湧き水があり、皆大きなペットボトルを持ってきて大量に飲水を汲んでいます。

洗車で使ったら罰金100元、という看板を非常に目にします。


到着。


「漢諸葛武侯擒孟獲處」と書かれてあります。

三国志遺址探訪によると7回捕らえられた中の、4回めの場所のようです。

吉川英治版の三国志「10 出師の巻」によると、1~3回目の時とは打って変わってキレたフリをしている孔明。

「匹夫、何の面目あって、再び孔明の前にのめのめ縄にかかって来たかっ」
と、叱りつけ、なおも、
「中国では、恩を知らぬものを人非人といい、廉恥のない者を恥知らずとも犬畜生ともいって、鳥獣より蔑しむが、汝はまさに、その鳥獣にも劣るものだ。それでも南蛮の王者か。はてさて珍しい動物である」と、極度に罵った。
孟獲もこの日に限って何も吼え猛らず、さすがに恥を知るか、瞑目したまま、ただ白い牙をだして唇を咬んでいた。
「もはや免さん。今日は斬るぞ」
と、孔明が云っても、その眼が開かないのである。孔明はやにわに羽扇をあげて武士たちに下知した。
「陣後へひきだして、この獣王の首を打てっ」
武士たちは大勢して、孟獲の縄尻を取り、立てと促すと、孟獲は無言のまま突っ立った。そして歩みだすときはじめて炬眼をひらいて、孔明の顔を睨みつけた。
そしてなかなか泰然自若と刑の莚へ坐ったが、武士を顧みて、もう一度孔明をこれへ呼んでくれといい、武士たちが承知する気色もないと見るや、突然大声で吼えた。
「孔明、孔明。もしもう一度、俺の縄を解いてくれれば、俺はきっと、五度目に四度の恥を雪いでみせる。死んでもいいが恥知らずといわれては死にきれない。やいっ、やいっ孔明、もう一遍戦えっ」
孔明は起ってきて、
「死にたくなければなぜ降伏せぬか」といった。
やにわにかぶりを振った孟獲は、哭かんばかりな眼をしながらも口に火を吐く如く罵った。
「降参はしないっ。死んでも降伏などするか。俺は詐りに負けたのだ。やいっ、詐術師、尋常にもう一度俺と戦え」
「よろしい。それ程にいうならば。――武士たち、縄を解いて帰してやれ」
孔明はにこと笑って、房中へ姿をかくした。

こんなやり取りが行われた場所なのか・・・と妄想を膨らませます。


北の方を撮影。孔明達はあっちからやってきました。


南の方を撮影。孟獲を解き放った孔明は、またこの先を南へと進んでいったのでしょう。


天空桥 江风寺。天空という言葉がマッチする美しい青空を拝むことができて、なによりです。

ああ、この山の木がどうも見すぼらしいと思ってたんですが、火事の影響だったのか。。


相変わらず水くみに来る人が途絶えません。バスに乗っていると何十リットルも入るカラのペットボトルを2~3個持って組みに来ている人もいます。車で来ている人も。

1~2元の交通費で数十元分の飲用水が確保できるのなら安いのでしょう。

大理古城

さて、寺を出てairbnbの部屋がある大理古城まで移動します。

さすが大理。ただのバス停に大理石が使われています。しかも適当に。


大理周辺の位置関係はこんな感じです。

大理站→江风寺→大理古城という順に移動します。


西側には結構な高さの山が見えます。大理の標高自体が1974mと高い位置にあるので、見える山も高いのではないでしょうか。


大理古城に到着。完全に観光地です。


さっさとairbnbのお部屋に移動。

今回はホテルの部屋をairbnbとして出していたパターン。

この場合「外国人お断り率」が何故か激減するので、ありがたい。79RMBで結構な広さのキレイな部屋にチェックイン。


高い櫓から洱海が見える、と謳っていたのですが、見えるのかどうかすら怪しい。。

外観。

 


少し散策してたのですが、雨降ってきたので部屋に戻ってきました。そして外卖。

またしても謎の割引が適用されており、結局9元でした。。

やっていけるのか?こんな額で。。

もう外卖無しでは生きていけません。

 

 

 

以上、よろしくお願い致します。

 - 2019年4月_中国

  関連記事

04/06(土) 深圳/散髪&散策

お疲れ様です。高橋です。   朝8時30分。南山の定宿を出ます。今日は …

2019年4月 中国旅行

お疲れ様です。高橋です。 2019年4月5日~4月15日まで中国を旅行してきまし …

04/12(金) 大理~昆明/洱海散策

お疲れ様です。高橋です。 チェックアウト 朝7時起床。屋上の櫓に登って西を見ると …

04/15(月) 深圳~成田/帰国

お疲れ様です。高橋です。 帰国デイ。月曜日。天気は21度、雨も降っておらず。 ホ …

04/07(日) 深圳~广州/麻雀リベンジ

お疲れ様です。高橋です。   ホテルを朝8時30分に起床。自宅にいると …

04/13(土) 昆明~深圳/寝台列車に27時間揺られる

お疲れ様です。高橋です。 過去、27時間も列車に乗り続けたことは無い。食べ物大丈 …

04/08(月) 广州~三亚/鉄道で海を渡る(往路)

お疲れ様です。高橋です。 从广州火车站 KFCで一晩を明かし、時間は午前5時。广 …

04/05(金) 羽田~深圳/深圳新ルートと外卖初体験

お疲れ様です。高橋です。   出発   朝6時35分に出る飛 …

04/10(水) 玉林~昆明/玉林博物館散策

お疲れ様です。高橋です。 玉林では何も予定は無し。15:20に出発する昆明行きの …

04/14(日) 深圳/土産購入&麻雀部飲み会

お疲れ様です。高橋です。 列車の外は、水墨画の世界が流れています。 広州に入る頃 …