curious4dev

色々ダメなandroidアプリを開発したい会社員 高橋が綴る、androidアプリ開発やArduinoについて

*

初日/前編) 深セン長龍まで ~跨境王SIM、端午節の粽子

 

お疲れ様です。高橋です。

2016年6月9日(木曜日)

旅行初日。世田谷の自宅から成田空港は遠いので、実家の市川市に前泊し、そこから出発。早朝、京成鬼越駅から出発。

IMG_8419

この駅を使うのは初めてだったのですが、まあ周りに何もない。本当に何もない。早朝なので電車の本数もそんなに多くない。しばし待って出発。


昨晩は楽しみ過ぎてなかなか寝付けなかったため、電車の中ではぐっすり眠る事が出来ました。大人になっても未だに楽しい事がある前日は寝付けません。

今回もJetstartを使って香港まで行きます。荷物はバックパックのみで受託手荷物は無し。機内食も不要。セールを狙ったので飛行機代は往復で18,410円。

IMG_8421

もっと安く行ける方法を日々模索中ですが、おそらく香港エクスプレスかJetStarのセールが一番安いかと思われます。

成田空港で香港ドルと人民元を両替しました。

IMG_8423

香港ドルは、バス代とMTR代の片道60HKD、往復で120HKDのみしか使わないので120HKDきっちりの両替とし、人民元は持ってきた日本円の半分をここで、そしてもう半分を現地で両替します。

罗湖(Luohu)口岸に入って上の階に行くと、深圳市港澳国際旅行社というお店が両替をやってます。1月の時も今回もここで両替しました。

2016063001

もっと探せばレートが良い所があるのかもしれませんが、ここの女性服務員は、私があまりの暑さにTシャツをバタバタさせていると、笑顔でうちわをくれます。


飛行機に乗り込みいざ出発。

IMG_8425

飛行機の中では、SIMフリー化したiPhone6Sの電源を切り、Amazonで買っておいた跨境王(Cross Border King)という、「China unicom香港」のSIMを挿しておきます。

2016063003

普通の「China unicom」のSIMだと、大陸ではグレートファイアウォール(金盾 / Jindun)のためにGoogleやらなんやらにアクセス出来ないのですが、「China unicom香港」だと、香港からのローミングになるため、大陸にいても制限無くインターネットにアクセス可能です。日本の携帯電話を持って行ってローミングするよりも遥かに安くネットが利用出来ます。3Gのみとなりますが、大量のデータ通信が発生するであろう地図アプリは、事前にwi-fi環境でbaidu mapと高徳地図とtencent mapの3つを入れておき、それぞれに広東省の地図を全てダウンロードしておいたので、特に困ったことはありませんでした。

また、今回は銀行口座の取得と様々な割引アプリの利用が主目的の旅行です。中国のアプリはどれもこれもSMSで暗証番号を飛ばす認証方式が主流です。銀行口座取得や銀行のアプリでもSMS認証が使われます。ので、SMSを受信出来る大陸の電話番号は必須でした。

跨境王のパッケージの中身は、SIMがくっついているカードの他、英語の説明書や日本語の説明書もあります。

2016063004

香港に到着してiPhoneの電源を起動すると電波をキャッチし、APN等の設定が自動的に変わり、SMSが送られてきて、カードに記載されている香港と中国大陸用の電話番号が利用可能になります。

事前にネットで調べた所、iPhone6SのAPNの設定はちょっと面倒な事を手動でやらないといけないかも、と、覚悟していたのですが、全て自動的に完了して拍子抜け。

拍子抜けついでに、500MB/7日間のデータ利用パックを購入し、準備完了。


香港空港に到着し、空港内にあるセブンイレブン。

IMG_8438

特に何も買わなかったのですが、香港は出前一丁がすごいシェアを誇っているようです。

IMG_8437

1月の時も香港の料理店で普通に「出前一丁」をそのまま器を変えて出しているような店があるくらい、食生活に食い込んでます。


香港空港を出てバス乗り場に向かうと、今まで体験したことの無い湿度。いやいや、体験したこと無い、というのは嘘でした。サウナでは体験した事があります。

IMG_8439

異次元の衝撃を受けつつも30.9HKDを払って上水まで行くバスに乗り込みます。


上水駅から羅湖駅行きの電車に24.5HKDを払って乗ります。

IMG_8444


あっという間に罗湖(Luohu)に到着です。

IMG_8446

湿度は、香港より若干ましかな?と思う程度。いずれにせよ、ものすごい湿度。雨が降り終わった直後だったのか、地面が水浸しでした。


とりあえず罗湖(Luohu)の風景を堪能しつつ、心の中で「Luohuよ、私は帰ってきた」と叫んだ後は、2Fの両替屋で人民元を追加両替し、ホテルに出発です。両替が終わり地下鉄駅に向かう途中、口岸の建物と罗湖商業城の間の通路でオバチャンが粽子(Zongzi / ちまき)を売ってました。

IMG_8449

中国では6月9日~11日は端午節という祝日で、粽子を食べるのが慣わしなんだと、事前に学習してましたので、1つ買って食べます。

IMG_8450

中には色んな種類の豆が入っており、ウマい!朝5時30分に実家を出てから何も食べていなかったお腹が若干落ち着きます。

今回のホテルは长龙という駅が最寄り駅ですので、老街(Laojie)と布吉(Buji)で乗り換えます。4元のお金と、30分30秒(Shenzhen metroの公式サイトは、秒まで出るのか・・・)で行けます。今のレート(15.45)だと、62円です。

2016063005

1月に来た時は、老街(Laojie)より北には行かなかったのでわかりませんでしたが、地下鉄が途中から地上に出ます。

IMG_8455

布吉(Buji)近くまで来ると、なんだかとても大きな建物が見えてきました。

深圳东站(Shenzhen dong zhan)です。

IMG_8457

中国の鉄道駅は、本当にでかい。


地下鉄の車内液晶ディスプレイでは、電車に持ち込んではダメな物をアナウンスしたりしてます。大量の刃物なんかはダメみたいです。これは日本でも同様ですね。

IMG_8459

そして、放射性物質もダメみたいです。放射性物質!?

IMG_8460

下記は日本の東京メトロに於ける持ち込み禁止な物の一覧ですが、この中には放射性物質はありませんでした。

2016063002

当然、日本でも放射性物質を地下鉄車内に持ち込んだら色々な意味でダメに決まってますが、同じ地下鉄でも持ち込み禁止を強くアナウンスする物に差が多少あるようです。


罗湖(Luohu)から大体35分で长龙(Changlong)に到着。

IMG_8461

その後、ホテルがなかなか見つからず困りました。agodaというホテル予約アプリで地図表示すると標準でgoogle mapで表示されるのですが、これの位置表示は大体左上に数十メートル~100メートル程度ズレるのです。ので、位置表示は信じず、文字で書かれた住所をbaidu mapで検索するなどして、ようやくたどり着きました。1月にも経験していたはずなのに。

後半へ続く

ここまでの行動時系列

0600 鬼越発
0700 空港第二ビル着
0710 両替
0840 成田飛行機発
1225 香港飛行機着
1320 入境検査通過
1330 香港バス発
1415 上水バス着
1422 上水電車発
1432 羅湖電車着
1450 深圳着
1500 両替
1515 粽子
1530 罗湖発
1535 老街着
1600 布吉着
1610 長龍(长龙)着
1630 ホテル着

 

以上、よろしくお願い致します。

 - 2016年6月_深セン広州

  関連記事

2016年6月 深セン&広州の旅

お疲れ様です。高橋です。 2016年6月9日~6月15日まで、深圳(Shenzh …

7日目/後編) 帰国と総括

お疲れ様です。高橋です。 前半からの続き 2016年6月15日(水曜日) 上水か …

3日目/後編) 広州天河区と広州タワー

お疲れ様です。高橋です。 前半の続き 2016年6月11日(土曜日) 広州のオタ …

6月の深セン旅行の概要

お疲れ様です。高橋です。 2016/06/09~06/15の一週間、深センに行っ …

2日目/後編) 広州の公共バスとカラオケ

お疲れ様です。高橋です。 前半の続き 2016年6月10日(金曜日) なんの問題 …

2日目/前編) 深センから高鉄で広州へ

お疲れ様です。高橋です。 前日の続き 2016年6月10日(金曜日) 朝、深圳( …

5日目/前編) 口座開設し微信支付で割引ランチ

お疲れ様です。高橋です。 先日からの続き 2016年6月13日(月曜日) 今日は …

7日目/前編) 油条とお粥の朝ごはんと福田口岸

お疲れ様です。高橋です。 前日からの続き 2016年6月15日(水曜日) あっと …

5日目/後編) ホテル強制退去と牛肉ディナー

お疲れ様です。高橋です。 前半の続き 2016年6月13日(月曜日) 深圳书城で …

4日目/前編) 越秀公園の後、バスで深センへ

お疲れ様です。高橋です。 前日からの続き 2016年6月12日(日曜日) 今日は …