curious4dev

色々ダメなandroidアプリを開発したい会社員 高橋が綴る、androidアプリ開発やArduinoについて

*

Win7(64bit)+Unity4.5.5f1で作った物をAndroidエミュで動かしてみた

 

お疲れ様です。高橋です。

先ほどはcocosを使ったサンプルをエミュで動かす所までは実現出来ましたが、今回はUnityについてです。

Unityはcocosと違い、完全に独立した1個の統合開発環境で、Unityでapkファイル(android上で動く実行ファイル的なもの)を吐き出して、Android実機やらエミュやらにインストールして動かす感じです。ゲームの根幹部分(オブジェクトやらアクションやら)については全てUnityの環境の中で視覚的に構築できるので、とても解りやすくなっています。

手順は大体こんな感じです。

uni01 uni02 uni03 uni04 uni05 uni06

以上でインストールが完了。何も選択せずポチポチとAgreeしたりNextしたりするだけでOKです。cocosと比べて圧倒的に楽です。

  • 初回起動時のライセンス選択とユーザ登録

ライセンスはお金が払えないため、 Activate the free version of Unityを選択しておきます。

uni07 uni08

  • とりあえず作る

起動したら、Unityの公式サイトにある、ブロック崩しを作るページを参考にしながら作ります。ページを読みながら30分程で、3Dで動くものが作れます。

uni09

  •  apkのbuild

AndroidSDKのルートディレクトリを指定します。

uni12

buildします。(参考にしたサイト: Android APK ファイルをビルドする – Unityプロジェクトのビルド)

uni14

すると、build時に指定したディレクトリにapkファイルが作られます。今回は “test.apk” というファイル名で作成しました。

  • androidエミュにインストール

ARMなエミュを起動させておいて、コマンドラインからインストールします。(参考にしたサイト: apkファイルの端末(エミュレータ)へのインストール方法)

エミュ側で、インストールさせたアプリを起動すると、3Dでグリグリ動いてます。公式サイトのブロック崩し的なものをそのまま移植しただけでは、PC上では動いていたバーを動かすことが出来ないようですので、android向けのコントローラー部分の修正が必要なようです。

uni10

 

 

以上、よろしくお願い致します。

 - アプリ開発

  関連記事

街頭インタビュー リリースしてみた

お疲れ様です。高橋です。 リリース 街頭インタビューアプリをリリースしました。 …

Win7(64bit)+cocos2dx-3.2でAndroid開発環境を構築してみた

お疲れ様です。高橋です。 ゲームを作る際に、自分で1から細々とした部品を作らなく …

遅刻の言い訳提案システム 稼働二日目

お疲れ様です。高橋です。 遅刻の言い訳提案システムについて、先日課題として上げた …

歌詞生成アプリ「カナかな?」の動詞をチューニングしてみた。

お疲れ様です。高橋です。 昨日はサーバ周りに熱中してしまってクライアント側を全く …

TwitterアナリティクスからCSVがダウンロード出来ない

お疲れ様です。高橋です。 TwitterアナリティクスのCSV 遅刻の言い訳提案 …

選挙運動を疑似体験出来るシミュレータ「衆院選2014」を作った、が。

お疲れ様です。高橋です。 2014年11月21日に衆議院が解散され、12月2日に …

Androidで8bitサウンドをモノフォニックな感じで実装してみた。

お疲れ様です。高橋です。 Arduino+YMZ294で、8bitサウンドがマイ …

街頭インタビュー 実装 #2

お疲れ様です。高橋です。 本日の実装状況 街頭インタビューを構成する要素を、徹底 …

DAWを使って、ゲームの裏側で鳴らす音楽を作ってみた。

お疲れ様です。高橋です。 既に時期を逸してしまった、「選挙運動シミュレータ 衆院 …

遅刻の言い訳アプリをリリースしてみた。

お疲れ様です。高橋です。 2/20あたりから、「合理的な遅刻の言い訳生成アプリ。 …